あと数時間遅ければ、ボラトニアは肺炎で命を失っていました

あなたの月々のご支援が、子どもの命と未来を守ります
月2,000円のご支援が

毎月、肺炎にかかった子どもを治療する抗生物質77人分、あるいは、栄養不良で弱った子どもの抵抗力を高めるビタミンA 2,000錠に変わります。

月3,000円のご支援が

毎月、子どもを肺炎から守る予防接種用ワクチン7回分、あるいは、安全な予防接種の実施を可能にする使い捨ての注射器698本に変わります。

月4,000円のご支援が

毎月、病気の原因となる栄養不良を改善する栄養治療食91袋、あるいは、子どもの身体を清潔に保ち病気を防ぐ衛生用品のセット5人分に変わります。

月5,000円のご支援が

毎月、保健員が家庭訪問の際に携帯する救急キット1セット、あるいは、保健員1人に子どもの病気への対処法の研修を1日実施する費用に変わります。

1年間で、“92万人以上”の乳幼児が肺炎の犠牲に
“肺炎”にかかった1歳のボラトニア「今日の午後に間に合わなければ手遅れだった…」。
保健センターを目指すボラトニアと母親
肺炎にかかった1歳のボラトニア。見渡す限りの平原を、母親はもう2時間も歩き続けています。保健センターのある村はまだ見えず、腕の中のわが子の呼吸は、次第に浅く、弱くなっていきます…
診断と治療を受けるボラトニア 一命をとりとめたボラトニア
危険な状態にあったボラトニアは、どうにか保健センターにたどり着きました。肺炎と診断され、ただちに抗生物質による治療が始まります。
「今日の午後に間に合わなければ、手遅れでした」とスタッフに聞かされた時、ようやく母親から安堵のため息がもれました。抗生物質は肺炎から幼い命を守る最も効果的な方法ですが、世界中で肺炎に苦しむ子どもの6割以上がこの治療を受けられずにいます。
ユニセフは、医療施設の不足する地域に地元出身の保健員を育て、肺炎など主な子どもの病気への対処法を指導、緊急時にはセンターにつなぐことができる保健システムの構築に取り組んでいます。
月々一定額をご協力いただく「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」は、ユニセフのこうした地道で効果的な活動を何より力強く支えるご支援方法です。

よくあるご質問

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムについて

Q.
どのような支援方法ですか?
A.
クレジットカードもしくはご指定の金融機関から、任意の金額を、毎月、自動振替でご協力いただく募金プログラムです。
Q.
なぜ月々の支援が大切なんですか?
A.
支援を必要としている子どもたちを、一回だけでなく、継続的に支えることができます。定期的なご支援をいただくことで、学校建設や政策提言など長期的な活動にも取り組みやすくなります。

Q.
参加の特典はありますか?
A.
お申込みいただくと、アクティビティブックなどのついた「ウェルカムキット」をお送りします。その後、年4回、広報誌「ユニセフ・ニュース」をお届けします。また、ご希望の方には、当協会発行資料を無料でご提供いたします。
Q.
募金には税制上の優遇措置はありますか?
A.
はい。公益財団法人日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、所得税・相続税・法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります。

募金について

Q.
募金は何に使われますか?
A.
「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」を通じたご寄付は、世界150以上の国と地域でユニセフが行なっている保健、栄養、水と衛生、教育、保護、緊急支援などの活動に役立てられ、その時最も支援を必要としている子どもたちを最優先に支えます。

Q.
これまでにどんな成果がありましたか?
A.
以下はみなさまからお寄せいただいたご支援で実現した、2014年のユニセフ活動成果です。

ユニセフについて

Q.
ユニセフと日本ユニセフ協会について教えてください。
A.
ユニセフ(国際連合児童基金)は、子どもの権利を守る国連機関です。(公財)日本ユニセフ協会は、ユニセフ本部との協力協定に基づく日本におけるユニセフ支援の公式機関です。日本の民間部門におけるユニセフ募金・広報・アドボカシー活動は、日本ユニセフ協会が窓口を担っています。

各種お手続きについて

Q.
プログラムに参加後の登録情報の変更はホームページから手続きできますか?
A.
「ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム」の各種の変更手続き(ご住所変更、引き落とし方法変更、ご支援金額の変更等)は、専用ページからお手続きいただけます。

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムのお申込み

クレジットカードで

お申込み情報の入力
下記フォームにご記入の上、「確認画面へ」ボタンをクリックして下さい。
募金額をお決めください。(毎月定額の募金)
ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム
毎月定額を募金します
左の選択肢以外 円/毎月 
クレジットカード番号を入力ください 必須
カード番号
有効期限
 月    年
このページの通信内容は、
SSLにより暗号化され、
守られております。

ログインするとご登録内容が自動で表示されます。ログイン無しでもお申込いただけます。

初めての方・ログインしないでお申込される方
当サイトで初めて募金を申し込まれる方、またオンライン登録をされていない方は、直接以下の欄にご入力ください。
※募金申込み完了後に、次回以降のご入力の手間を省くことができるオンライン登録手続きをすることも可能です。
■…必須 ■…任意

ご支援者様
情報
お名前(カード名義人)
姓 
名 
フリガナ
セイ 
メイ 
性別   
生年月日
 年 

住所
寄付金控除に必要となる領収書をお送りいたします
郵便番号
  -  
  
郵便番号がわからない方はこちら
住所が自動反映されなかった場合は、以下にに直接ご入力ください。
都道府県 市区町村名
番地
建物名・号室等
マンション等にお住いの場合は建物・号室名までご記入ください。(20字以内)

電話番号
どちらか
必須
ご自宅電話番号
- -
携帯番号(昼間の連絡先)
- -

メール
アドレス
Eメールアドレス
Eメールアドレス(確認)

募金の
きっかけ
今回のお申し込みのきっかけをお知らせください。
チャンネル名、新聞名、サイト名など具体的に
現地での活動報告や最新情報などユニセフに関する情報をEメールで
確認画面へ

口座振替でお申込の場合

郵送でのお申込が必要となります。

写真クレジット(左上から):©UNICEF/UNI201646/ ©UNICEF ©UNICEF ©UNICEF MADAGASCAR/2014/RINDRA RAMASOMANANA ©UNICEF MADAGASCAR/2014/RINDRA RAMASOMANANA ©UNICEF ©UNICEF ©UNICEF ©UNICEF ©UNICEF/LAOA2011-00019/Souvannavong ©UNICEF/MLWB2008-795/d'Elbee ©UNICEF/NYHQ2009-1753/Markisz ©UNICEF/NYHQ2011-1305/Njuguna ©UNICEF/UKLA2013-04463/Maitem ©UNICEF/MLIA2012-01174/ ©UNICEF/NYHQ2009-1939/Nesbitt

ページ最上部へ